不倫サイト 快楽に溺れる人たち


なんで不倫サイトに全然無関心な人たちがいるのでしょうか。私は本当にその事態を不思議で仕方がないと思うのです。盗撮癖がある人たちでもいいです。盗撮している人たちだって、不倫を楽しんでいる人たちだって、その向こう側に果てしなく快楽があるからではないでしょうか。

そのような癖が、異常なものかといえば、別に、それほど異常なものではなく、ノーマルと言えるようなものかもしれません。そのようなものを私達現代社会の人間はアブノーマルという私達の社会からどんどん乖離するモードなのです。なので、入り口はちょっと簡単に開けることが出来るものの、開けてしまった人たちに対して、異常者、変態、犯罪者などと大きなレッテルを貼り付けられたします。

快楽についてみなさんは、なんと答えるでしょうか。快楽としはリラックス出来るものであり、快感、そして、楽しみだったりします。ビジネスマンが疲れを解消するために、ホテルにデリバリーヘルスを呼ぶというのもありではないでしょうか。ビジネスマンは疲れているというのに呼べば、セックスなど簡単に出来てしまうのです。それは、やっぱり身体が、癒されることを求めているからです。

そこで、私達がちょっと注意をしなければならないのは、そのような快楽って、お金のようなものであり、そこでみなさんには、千と千尋の神隠しの中に登場してくる「顔なし」のような存在をイメージしていただきたいのです。欲求というものがそこ存在して、お金だって、もっと欲しいと思い、10万円が欲しいと思って、10万円手にいれることが出来た人たちが、そのような額に満足出来る訳でなく、もっと大きな額を欲しいと欲求を持ってしまうものではないでしょうか。

そのような要素って、人間な誰でも持っているのです。性の快楽というものが存在して、そのようなものとしっかり向き合って生きてしまえば、奥様とのマンネリ化したセックスで日々満足出来る訳ではありませんし、しかし、普通の人たちは、その欲求が顔なしのようにどんどん肥大化してしまうことを無意識か、意識的に、社会的にか去勢をしてしまっているのです。

現代社会の人間たちは、仮面をかぶって生きることは出来るのです。人間って本来もっとゲスのはずなのに、ゲスを隠して生きているのです。本当はゲスなのに、いい子ぶって、本当にそんなモチベーションで、苦しくないですかといいたいのですが、去勢ってそのようなものかもしれません。

本人は、不倫という存在を知らないふりをしている訳ですから、潜在的に、不倫の魅力を否定してしまっているので、不倫体験を出来ない苦痛にいつもさいなまれることはありません。顔なしは、お金の欲求をしっかり頭に抱えてしまったから、快楽を体験し、かつその快楽に満足出来ず、また新しい快楽を求めてどんどんターゲットは大きくなって、ゲットすることが出来ないから苦しみ続けてしまうことになります(関連サイト→不倫サイト)。

人間は、ゲスを隠すことが出来るから、理性的と呼ばれるのかもしれません。しかし、本当の理性とは、ゲスでも人間の本性がそこに存在している訳ですから、本性を追求することにもあるのではないでしょうか。

盗撮もそうです。盗撮で逮捕されてしまった人たちがおり、不倫サイトに熱中している人たちがいます。しかし、そのような人たちも、奥様とのセックスの快楽よりももっと気持ちいい快楽が向こう側にあることを知り、それをつい軽い感じで追い求めて、どんどん収拾つかなくなってしまった人たちなのです。

でも言えるのは、今時、盗撮に熱中してしまうのなら、不倫サイトの方がよろしいかもしれないですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ