せふれがいたら人生がたのしくなります


これは本当です、実際に私は、仕事でも行き詰って、仕事の愚痴をこぼせる友人もいなくて、仕事でたまったストレスを発散できるような趣味も特になくって、もうすべてのことが嫌になってもういっそのこと自殺してやろうか、というくらいまで思い詰めていた時、どうせ自殺するんだったら最後に自分の好きなことをパーッとやって死のうというふうに決めました。

はっきり言って、死ぬことに関しては何の未練もなかったです。本当に嫌なことばっかりで、別に生まれ変わって新しく人生をやり直したいという気分にもなりませんでした。そもそも埋まり代わりというものをあまり信じていませんが、もし私が生まれ変わって来世での生活を始めたとしても、今の人生がこんなにも最低だったわけですから、どうせ生まれ変わってもショボい人生なんだろうなと思うと、わざわざ人生をやり直したいとも思いません。

人生をやり直したいとか過去に戻りたいとか、そんなふうに考えている人は結構いるみたいですが、そういう人って結局、今の自分の人生にある程度の満足をしていて希望を持っている人だと思うんですよね。自分の人生に希望を持っているからこそ、ここをもっとこうすれば自分の人生はもっと良くなるとか、もしも過去に戻れたらこんなことにチャレンジしてみたい、学校の勉強をまじめに頑張りたいとかそんなふうに思えるわけですよ。私の場合にはそんな希望すらないですからね、生まれ変わることができたらこんなことを頑張りたいとか、そういうのも特にないです。もう一回人生をやりたいと思えません。

だから相当にやけくそな気持ちで出会い系サイトを利用し始めたのです。はっきり言って、悪徳サイトに引っかかったらどうしようとか、サイトの利用料金が高すぎたらどうしようとか、そんなことはあまり考えませんでした。本当は、素敵な出会いのチャンスをゲットしたいなら、どれだけやけくそであっても最低限そこくらいは注意したほうがいい……というか注意しないとダメなんですけど。

結果的に、やけくそな気持ちが変わるくらい、素敵な出会いのチャンスを手にすることができて、今ではある女性と関係を持っています。相手の女性は人妻ですので、きっとその関係はセフレということになるのでしょうが、私にとっては以前よりも毎日がものすごく楽しく感じられるので、相手の女性がセフレだとかそんなことは、はっきり言ってどうでもいいです。

せふれ検索で選ばれるサイト→せふれ検索なら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ